スキルアップ英会話
Motivation is Key

グローバル人材育成

ビジネスシーンにおけるグローバル化は進み、英語力だけではないコミュニケーション能力、 グローバルマインドが求められています。スキル・アクセスでは、それぞれの業界、 業種に必要な「スキル」に特化した研修プログラムを提供します。

スキルに特化した英語プログラム

スキル・アクセスは、各業種専門のスキルトレーニングを業界固有の英語コースと組み合わせます。 生徒一人一人の目標を達成できる様、目的に合わせて学習環境を作る為、より効率的、効果的に必要な英単語、 会話術を習得できます。スキル・アクセスのコースとレッスンは最高級の質であり、 あなたを基に構成されています。各レッスンにおいて、本当に価値あるものを得ることを保障します。 一流の教育と新たなスキルで活躍できる機会が数多く与えられます。

お問い合せ

なぜスキル・アクセス

レッスンの数よりレッスンの質を重視します。 永年にわたり様々な国で習得したスキルと経験によって創造性がある革新的な教育方法でレッスンを実施し、 レッスンが現代的であることを厳密に保障します。 実生活の状況をロールプレイしながら現状に最適な英会話スキルを学べます。 現代の複雑な社会環境で価値ある存在として居続けるには、グローバルな視点でビジネスを見なければなりません。 必須のグローバルビジネスコミュニケーションスキルを身につければ、様々なビジネスシーンで自信を持つことができるでしょう。

選ばれる理由様々な効果

  • 企業様の課題、目的に合わせた研修プログラムを完全 オーダーメイド。受講者のモチベーション維持に繋がります。
  • 貴社オフィスへ 講師を派遣。就業時間外に効率的に学べます。
  • 各部署を一つのクラスにまとめる事により、企業内での チームワークも生まれ、生産性向上にも結果として繋がります。
  • 弊社の講師は生徒により近い立場で学習環境を作ります。実践的な学習でより多くの単語を習得、英語でのコミュニケーション能力、 グローバル志向を高めます。
  • 実際に起こるシチュエーションで 繰り返しロールプレイをする事により、現状に必要な単語を効率よく習得し、実際の場面でも自信を持って発言に望めます。
  • 創造性とイノベーションを兼ね合わせた 独自のメソッド。どんな場面でも自信を持てるグローバルコミュニケーションスキルを身につけ、グローバルマインドを育てます。研修内容やお見積もりなど、お気軽にご相談ください。

ご導入までの流れ

3つのステップ

1. 法人のお客様:まずは弊社までお気軽にお問い合わせください。 御社のご相談、目的、ご予算等ニーズヒアリングさせて頂きます。

2. 無料トライアルレッスンをご提案しております。御社にて現在の英会話レベル、目的に合わせ研修内容をオーダーメイド致します。

3. ご契約。

お問い合せ

橋本 拳人,
FC東京

  • Q1: 英会話をはじめたきっかけはなんですか?
  • A1:海外でサッカーをしたいから。
  • Q2: 主な業務内容についてお聞かせください。
  • A2: サッカー選手。
  • Q3: レッスン / 講師の質はいかがでしたか?
  • A3: 素晴らしい先生です。自分のレベルにあったレッスンをしてくれて毎回自分の成長を感じることができます。
  • Q4: 他社にはないSkill Access英会話の魅力はどこですか?
  • A4: とにかく徹底的に教え込んでくれます。簡単な質疑応答、発音、苦手なところを自然と喋れるようになるまで繰り返し話させてくれます。
  • Q5: 学習した内容をどのように仕事で活かせていますか?
  • A5: チームにいる外国人選手に話しかけれるようになってきました。
  • Q6: 受講を検討中の方にアドバイスをお願いします。
  • A6: 全く英語がわからなくても基礎からやってくれたので英語が好きになれました。 素晴らしい人間性の先生なので英語だけではなく色々なことも学ばせてもらっています。とにかく毎回のレッスンが楽しいので是非検討している方は一度受講してみてください!

私はスキルアクセスの英会話プログラムを推薦します。スキルアクセスの英会話プログラムは実践的な英会話を教えてくれます。 私は交渉でよく使う英語や海外出張の際に便利なセンテンスを繰り返し定着するまで教えてもらっています。 会話方式で繰り返し行うので、瞬発力も身につきます。 また、発音も繰り返し練習させてくれるので、 ネイティブの人にも通じる英語を身に付けることができました。 トミー先生は色々な業界に詳しいので、その分野でよく使う英語を効果的に教えてくれると思いますので、 様々なプロフェッショナルの方々に推薦できます。

五十部 紀英,
代表社員, Advance